化学物質の規制情報のサイト(その12)Oko-Institut e.V.

Öko-Institut e.V. RoHS Evaluationsのサイト

今回のサイトは、直接の規制情報が掲載されているサイトではありません。Öko-Institut e.V.は、RoHS指令の適用除外だったり、新たな制限物質だったりを技術的に検討することを欧州委員会から請け負っているコンサルタントです。
そのÖko-Institut e.V.が作っているRoHS指令の主に適用除外に関係する技術的検討内容を記載しているサイトが、RoHS Evaluations of exemption requests and other topicsです。NewsやProject Over view、Exemption Consultationsなどのタグがありそれぞれの内容が記載されています。
当然ですが、全て英語です(ドイツ語じゃ無いだけまだましです)。

適用除外はそれぞれPackと呼ばれるプロジェクト単位で検討される

RoHS指令の適用除外は、それぞれPackと呼ばれるプロジェクト単位で検討されます。ひとつのPackには通常いくつかの適用除外が含まれていて、技術的検討は、Pack単位で行われます。

例えば、ANNEX IIIの6(a), 6(b), 6(c), 7(a) and 7(c)-I の技術的検討については、Pack18で行われるといった具合です。ですので、もし皆さんが自分が気になっている適用除外がどう検討されているかはこのサイトで確認することができます。

技術的検討は記載されているが適用除外の規制の最終結論があるわけではない

このÖko-Institut e.V.のサイトは、技術的な検討結果は載っていますが、規制の最終結論が載っているわけではありません。適用除外を最終的にどうするか決めるのは、規則を作成している人たちであってÖko-Institut e.V.のようなコンサルタントでは当然ありません。

とは言え、技術的な検討を行った報告書は、その後の規制をどうするかに強く影響すると考えるのが普通です。

今回のサイトは、規制情報そのものが書かれているサイトではありませんが、強く関連していると言うことで紹介しました。