1年間ありがとうございました

化学物質管理の話という当ブログは、昨年の6月から開始し約1年半経ちました。今年は、ようやく丸1年間ブログを続けることができました。何とかやってこれたのも、記事を見て下さる皆様のおかげです。

今年の記事数は約130件でした

当ブログの今年の記事数は、数えてみたら約130件でした。ペースでいえば3日で1件程度ですが、土日や休みを考慮し通常の会社営業日から考えると2日に1件のペースです。
もちろん、しょうもない記事も含めてですけれど、個人的には、頑張った方かなと思います。

アクセスのトップ記事は、今も「shaiという拡張子が付いたファイルが開けない:chemSHERPA Tool」

今まで当ブログで一番読まれた記事は、「shaiという拡張子が付いたファイルが開けない:chemSHERPA Tool」なのですが、これは直近でも未だにそうなのです。

ちなみに、ブログ開設当時から2019年12月20日までにトップページなどのカテゴリページを除き、記事として読まれたトップテンは以下のようになっています。

  1. shaiという拡張子が付いたファイルが開けない:chemSHERPA Tool
  2. そもそもchemSHERPAって何ですか?:
  3. shciという拡張子が付いたファイルが開けない:chemSHERPA Tool
  4. PFOAとその塩および関連物質について
  5. chemSHERPAのデータ作成支援ツールVer.1.07.00が公開されました
  6. chemSHERPA-CIとchemSHERPA-AI
  7. chemSHERPA入力支援ツールのデータの見方(基本情報画面その1)
  8. chemSHERPA その1
  9. PFOAとその塩および関連物質について(その2)
  10. 遵法判断情報画面の見方(その1)

これを見ると、昨年後期から今年にかけては、chemSHERPAの基本的情報にアクセスが集まっている、POFAについての情報が読まれているということになります。これはとりもなおさず、そのような情報を皆さんが必要としていたことになります。
ちなみに11番目は、RoHS指令に追加されるフタル酸エステル(2)移行性についての情報源でした。ようやくここにきてフタル酸エステルの記事です。
ただ、管理人としてはchemSHERPAの基本的情報については、アクセスして、ああそうかという感じでリピーターになっていただけない方が多いのかなと想像しています。 それでも、ちょっとでも役に立ったならいいと思っています。

毎度書いているのですが、当ブログはリンクフリーです。少しでも役立つなと思っていただけたら、皆様のサプライチェーンの方に紹介してください。よろしくお願いいたします。

来年からは、管理人の気が変わらなければ、今月に○○(その0)の形で予告させていただいたシリーズを始めていきたいと思います。
このブログも年末年始のお休みに入ります。次回の更新は2020年1月6日以降の予定です。
あけおめ更新もありません。