ケミカルマテリアルJapan2020

遅くなってしまいましたが、例年パシフィコ横浜で行われていた展示会が、ケミカルマテリアルJapan2020-online-として、10月19日10:00~11月18日17:00まで開催されています。

ケミカルマテリアルJapan2020ではどんな展示があるのか

昨年まで実際の展示会場で開かれていたこの展示会にはどんな展示があるのでしょうか?展示会の説明ページには、

未来に向けたビジネスを創出する「第3回先端化学材料・素材総合展」
化学物質にフォーカスした「第6回化学物質管理ミーティング」
生産現場の安全を多角的に考える「第5回産業安全フォーラム」
社会の幅広い層に化学への理解を深めていただく「《化学の日/化学週間》記念ケミカルフォーラム」

から構成されるとあります。

展示を見るには、登録が必要なんですが無料です。誰が来てくれたのか把握してどんな興味があるのかなどを解析したいのだと思います。

管理人は、いままでJEMAIのメンバーだったり技術顧問として、化学物質管理ミーティングに参加して、プレゼンテーションなんかも行わせていただいていました。

化学物質管理に興味のある方はホールG&Hへ

オンラインといっても、各社の展示があるのは普通の展示会と同じです。実際には、登録していただいた後、会場にログインして入っていただき、第6回化学物質管理ミーティングは、ホールGとHで行われていますので、行っていただくと、各社のブースが並んでいるのでクリックして内容を確認していただいたり、資料を読んでいただいたりすることになります。

プレゼントやアンケート機能などもあるようです。

今回管理人は、SCIPについての軽いお話をJEMAIの資料として裏で作りました。実際、あんまりお役に立つかわかりませんが、URLのリンクは役に立つかもしれません。

興味があれば見ていってください。