chemSHERPA-AIのデータ入力(7)データの用意

2019年4月4日

データ入力7回目です。 chemSHERPA-AIのデータ入力(5)chemSHERPA-AIのデータ入力(6)を参考に、トランスの成分情報を表示しましょう。

次に chemSHERPA-AIのデータ入力(4)に示したトランスの情報を元に成分表を入力していきます。しかし、今のchemSHERPAの入力言語は本来英語です。ですので、chemSHERPA-AIのデータ入力(4)のトランスのデータを表にしたものを作りました。次回から、これを入力していきます。

 トランス構成表     
番号部品部品(英語)員数材料質量(g)代表成分
1コアcore1フェライト0.36酸化鉄、酸化亜鉛(20%)、酸化ニッケル(10%)、酸化銅(2%)
2ワイヤーwire10.0475
ウレタン0.0025ウレタン
3ケースcase1エポキシ樹脂0.53エポキシ樹脂、臭素化エポキシ樹脂、シリカ
4端子teaminal10.0806
ニッケルメッキ0.0005ニッケル
スズメッキ0.0039スズ
5固定材adhesive1エポキシ樹脂0.2629エポキシ樹脂
6半田solder1非鉛半田0.012スズ、銅(3.5%)
7インクink1フェノール樹脂0.0001フェノール樹脂、カーボンブラック
合計1.3

結局、今回も成分情報の入力まで行きませんでした。次回は、必ず行きます。