chemSHERPA その16

「いまさら聞けないchemSHERPA」の第13回目です。

前回、普及期に入っているせいですごく初歩的な質問が多いと書きましたが、一方でかなり難易度の高いというか、それは化学物質の専門家に聞かないとわからないよというような質問や表現で誤解を招くから直してほしいといったようなかなり細かい質問もあるようです。これらの要求は、すぐに直来場合もあり、大事でなければVer. upの際に緊急度の高いものから修正されていくと考えて差し支えないでしょう。

それと情報がもらえなくてデータが作れない、情報を求めてもすぐに答えが返ってこないなどと言う、chemSHERPAの入力支援ツールとは直接関係ない質問もあるようです。
この場合、chemSHERPAの入力支援ツールそのものに罪はありません(入力がめんどくさーいとかはあっても)。
いやいやそうは言っても、chemSHERPAのデータを入れるための情報を集めるのが大変なんだよということなのかもしれません。
確かにchemSHERPAのスキームは、結構大変なことを要求している気は管理人もします。

ですが、chemSHERPAがなくたって化学物質の情報伝達要求は海外にものを売っている会社から来ますので、どんなふうに化学物質の情報を整理管理するのかは決めなくてはならないことなのだと思います。