PFOAとその塩および関連物質について

最近、 製品化学物質管理 について、PFOA関係の調査が回っているという話を耳にします。なんでだろうと思いましたら、ストックホルム条約第9回締約国会議(2019年4月~5月)にて同条約の附属書A(廃絶)に ペルフルオロオクタン酸(PFOA)とその塩及びPFOA関連物質 が追加されたからですね。

ストックホルム条約については経済産業省のPOPs条約(ストックホルム条約)のページを見てください。また、ストックホルム条約第9回締約国会議の結果は、経済産業省のここで見ることができます。同じように、環境省のここでも見ることができます。外務省のここでも。いや、三省から担当官が行ったのは判りますが、発表ぐらい合同でやってくんないかな。

とはいえ、PFOA関連の調査は、平成28年に経済産業省からなされています。その結果をもとにPOPs条約に臨んでいると思うのですが、今頃、また調査が活発になるというのはどういうことなんでしょう。管理人、今一つ困惑している状況です。

今回の ストックホルム条約第9回締約国会議(2019年4月~5月) では、ジコホルも付属書A(廃絶)に追加されましたが、これは日本では化審法第一種特定化学物質としてすでに製造、輸入、使用などは厳しく規制されています。

この調査が回って振り回されている方は、ご愁傷さまです。