chemSHERPA Ver.2.00 最速(じゃない)レビュー(その7)

chemSHERPA Ver.2.00 最速(じゃない)レビュー(その7)です。今回は、成分情報画面と遵法判断情報画面の上部にあるファイルタブの説明です。

chemSHERPA-AI Ver.2.00の遵法判断情報画面のファイルタブはどう変化したか?

順番的には、成分情報画面からかもしれませんが、遵法判断情報画面はほとんど変化がないのでこちらから説明します。
図1がchemSHERPA-AI Ver.2.00の遵法判断情報画面のファイルタブです。一方、図2がVer.1.07のファイルタブです。
一見すると何処が変化したかわからないレベルです。

図1  chemSHERPA-AI Ver.2.00の遵法判断情報画面のファイルタブ
図2 chemSHERPA-AI Ver.1.07の遵法判断情報画面のファイルタブ

何処が違うかと言えば、Ver.2.00ではいきなりEXCEL出力(参照用)となっており、Ver.1.07のように帳票出力のタブを経由しなくなったというだけです。まあ、地味に便利になったというところでしょうか。

chemSHERPA-AI Ver.2.00の成分情報画面のファイルタブはどう変化したか?

一方、成分情報画面のファイルタブは変化していますというか項目が増えました。
図3がchemSHERPA-AI Ver.2.00の成分情報画面のファイルタブです。一方、図4がVer.1.07のファイルタブです。Ver.1.07にはEXCEL出力(参照用)しかないわけですが、Ver.2.00ではArticleフラグ表示と部品質量合計表示という二つの指示が加わっています。

図3  chemSHERPA-AI Ver.2.00の成分情報画面のファイルタブ
図4 chemSHERPA-AI Ver.1.07の成分情報画面のファイルタブ

chemSHERPA-AI Ver.2.00でArticleフラグ表示を実行するとどうなるのか?

図5が、 図3の chemSHERPA-AI Ver.2.00の成分情報画面に対してArticleフラグ表示を実行した結果です。

図5 Articleフラグ表示実行結果

図3と図5を比べてみると、図5では部品の名称と質量の間にArticleという項目が増え、全てonとなっています。また、材質の名称と質量の間にもArticleという項目が増え、材質の用途が母材である行にはonと書かれています。
このArticleという項目が何者かは、今後説明するつもりですが、管理人自身まだ100%理解しているとは言いがたいところがあります。

chemSHERPA-AI Ver.2.00で部品質量合計表示を実行するとどうなるのか?

図6が、図3の chemSHERPA-AI Ver.2.00の成分情報画面に対して部品質量合計表示を実行した結果です。

図6 部品質量合計表示実行結果

図3と図6を比べてみると、図6では部品の員数と単位の間に質量の項目が増え、部品の質量が表示されています。これも何に使うのか(部品質量の確認だろうと言われればそれまでですが)は今後解説していくつもりです。

以上のように、成分情報画面のファイルタブは項目が2つ増え、特にArticleフラグについてはかなり面倒だと思いますので、今後何とかしたいところです。
今回で、各画面のタブの話は終わりで、次回からはVer.2.00になったことによる実際の変化を見ていきたいと思います。