chemSHERPA Ver.2.00 最速(じゃない)レビュー(その1)

先日の記事での予告通り、chemSHERPA Ver.2.00 最速(じゃない)レビューを始めていきたいと思います。ただ、管理人なぜか最近忙しく、 最速(じゃない)と言っておきながら、終わるころには最遅レビューになっている可能性は十分ございます。あっ、石投げないで!
最速(じゃない)レビューでは、実際にVer.2.00でデータ入力をどうするのかということはやりません。Ver.1との違いと今までのデータがどうなるのかみたいなことに特化するつもりです。
まず、chemSHERPA Ver.2.00が公開されましたが、多分報告形式が すぐに Ver.1から切り替わらない可能性も大きいです。従って、しばらくは、二つのフォーマットが混在することになると思います。

chemSHERPAの最新の物質リストは、Ver.2.00にしか組み込まれていない

報告する形式は、すぐには切り替わらないと管理人は考えているのですが、 2019/7/16付けで追加された第21次認可対象候補物質(SVHC)とchemSHERPA Ver.1.07から変化した規制に関する変更は、chemSHERPA Ver.2.00にしか反映されていません。従って、最新の物質リストに対応しようとするとツールは、 chemSHERPA Ver.2.00 を使わざるを得なくなります。これはこれでどうだろうと思わないでもないですが、早くVer.2に移行してもらうための仕掛けなんだろうと思ってあきらめるしかなさそうです。

chemSHERPA-AI Ver.2.00のフォルダーにあるファイル

 chemSHERPA-AI Ver.2.00の入手方法は、前回の記事をご覧ください。さて、フォルダーの中のファイルを見てみると図1のようになっています。ARTICLEというフォルダーがありますが、それを開くと図2のようなファイルが存在します。この中の青いArticleというアプリケーションファイルをダブルクリックするとchemSHERPA-AIが立ち上がります。

chemSHERPA-AI Ver.2.00フォルダー内ファイル
chemSHERPA-AI Ver.2.00 ARTICLEフォルダー 内ファイル

フォルダー内のpdfやExcelのファイルには重要なことが書いてある

図1を見るとわかりますが、フォルダーの中にはchemSHERPA_Managed_substance_list_Ver2.00.00_JPから成形品ツール入力マニュアル(2.0版)まで、pdfとExcelのファイルが8個入っています。材質リスト、用途リスト、管理対象物質の説明、Ver.2.00のリリースノートや操作マニュアルなど、本来ツールを使うためには知っておかなければならないことが書かれています。特に、今回はツールのメジャー改定ですので、 Ver.2.00の別紙も含めリリースノートは、読んでおくべきと思います。
もっともこれを読んですべて理解できる人は相当知識がある人だとは思います。
しかも、アプリケーションソフトなんて、WordやExcelもそうだと思うのですがあれこれ試して覚えるもので、最初っからこれを全部読もうなどと言う人は稀有な人だと管理人は思います。自分がそうだからかもしれませんが。
何かわからないことがあったら、これらのファイルには結構いろいろ書いてあるので、あたってみるのが良いと思います。
次回から、いよいよVer.2.00を立ち上げます。