chemSHERPA Ver.2のリリース予定

chemSHERPAのHPを見てみると、chemSHERPA Ver.2の説明会が5月13日に東京ですでに行われ、5月22日に大阪で行われます。両会場ともすぐに定員に達してしまったようです。更に、東京では再度6月4日に行われるのですが、こちらも240人の定員がすでにいっぱいになっています。

更なる追加があるかどうかは不明ですので、どうしても行きたい方は、HPをこまめにチェックするなり、事務局に追加開催の要望を出すなりするとよいと思います。

管理人も東京会場にいきたかったのですが、他の仕事があって無理でした。ですが、管理人はまだあまり心配していません。
HPの説明にもあるようにVer.2のリリースは、早くても8月です(お盆休みを考えると後半でしょう)。
それに、Ver.2がVer.1との互換性を無視して作られるとは思えません。入出力におけるVer.1とのコンバートは何らか考えられていると考えるのが普通です。
更には、大手企業は、システム変更にそれなりの期間を有するはずなので、リリース直後からVer.2での要求をする企業は、そんなに多くないと思えます。

ですので、説明会に行った会社の方から聞くなり、HPの情報を見るなり、お客さんから情報をもらうなりしてVer.2への対応を行っていけばよいと思います。要は、ほっておくのではなく、これからVer.2がリリースされるまでアンテナを張って情報収集に努めることが大事です(すぐすぐそれに対応をと今焦る必要はないということです)。

むしろ心配なのは、8月にリリースとなれば、6月末もしくは7月にREACHの認可候補物質の追加があるはずで、その物質リストがVer.2にしか対応しない場合、結構面倒なことになりそうだと思います。

管理人もしばらく情報収集に努め、キーポイントが何かわかれば発信していきたいところです。