身近な化学物質 その10(エタノール4回目)

身近な化学物質 その10 エタノールの4回目です。

お酒用のエタノールの話は、お酒の専門家に任せるとして、工業的に使われるアルコールの話題に移りましょう。
アルコールに関しては、統計データがあります。一般社団法人アルコール協会というところの統計資料を見るといろいろな統計が出ています。
その統計の一つにアルコールが何に使われているかというのがあります。もちろん、アルコール全体に対しての統計なわけで、エタノールだけとは限らないと思うのですが、需要数量約75万klのうち、酒類原料用が25万klを占めています。次に多いのが化学薬品で、3番目がアルコール食品防腐剤となっています。みそ、醤油、食酢、家庭用合成洗剤なども一つの用途項目に挙げられていますので、本当に身近な化学物質であることが分かります。