PFOAとその塩および関連物質の化審法での取り扱いについて

今年の初めに、POFAの化審法第一種特定化学物質への収載時期が変更されますという記事を書きましたが、その後長らく新たな情報を得ることができませんでした。しかし、三省合同の「令和2年度第5回薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会、令和2年度化学物質審議会第2回安全対策部会、第 207 回中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会」が9月7日に書面開催という形で開かれました。

三省合同の会合でPFOA関連の資料も提出される

上記の三省合同の会合で資料3として「ジコホル、ペルフルオロオクタン酸(PFOA)とその塩及び PFOA 関連物質の第一種特定化学物質への指定等に係るスケジュールの再変更について(報告)」が提出されています。

経産省の該当URLはここになります。

規制はさらに遅れる

資料中の今後の予定の部分だけ引用します。これを見るとPFOA関連の規制は前回の報告よりさらに遅れることになるのがわかります。

○今後の予定 (不確定要素を含むため、前後する可能性がある。)
<ジコホル、PFOA とその塩の第一種特定化学物質への指定、輸入禁止製品等に係る措置>
令和2年11月以降 TBT 通報※3、化審法施行令の一部を改正する政令案に関するパブリックコメント
令和3年4月以降 公布
令和3年10月以降 施行

<PFOA 関連物質の第一種特定化学物質への指定、エッセンシャルユースの指定、輸入禁止製品等に係る措置>
令和3年1月 3省合同会合※1における第一種特定化学物質の指定に係る再審議
令和3年3月 3省合同会合※2におけるエッセンシャルユース等に係る再審議
令和3年6月以降 TBT 通報※3、化審法施行令の一部を改正する政令案に関するパブリックコメント
令和3年9月以降 公布
令和4年3月以降 施行

※1 薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会、化学物質審議会審査部会、中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会の合同会合
※2 薬事・食品衛生審議会薬事分科会化学物質安全対策部会化学物質調査会、化学物質審議会安全対策部会、中央環境審議会環境保健部会化学物質審査小委員会の合同会合
※3 世界貿易機関(WTO)の貿易の技術的障害に関する協定(TBT 協定)に基づき、WTO 事務局に本件を通報しWTO加盟国から意見を受付