chemSHERPA

前回のchemSHERPA-AIのデータ入力(12)から半月以上たってしまいましたが、トランスのchemSHERPA-AIのデータ入力を完成させていきたいと思います。何せ、前回の投稿のころchemSHERPAのバージョンがVer.1. ...

chemSHERPA

2019年2月26日にchemSHERPAのデータ作成支援ツールがVer1.07にVer Upしたことは既に書きましたが、これに伴ってまたまたchemSHERPAに怒られたり、起動しなかったりということが起こっているようですので、なん ...

chemSHERPA, 化学物質情報伝達

部品coreの成分情報の入力の続きです。前回は、酸化ニッケルを入力しました。これだけで何回かかってるんだという話ですが、最初が肝心とも言いますし頑張ってみましょう。部品coreで残っている物質は酸化銅だけです。

それでは、 ...

chemSHERPA, 化学物質情報伝達

前回、coreの酸化亜鉛の入力を行いました。しかし、coreには他の物質も含まれています。まだ残っているのは、酸化ニッケルと酸化銅です。これらを入力していきましょう。

しかし、今のままでは材質一つに対して物質が一つしか入力 ...

chemSHERPA, 化学物質情報伝達

前回、酸化鉄は管理対象物質ではないので、物質欄に入力しませんでした。次に、管理対象物質であることがわかっている酸化亜鉛を日本語の部分一致で検索してみます。すると以下の画面になります。

日本語の部分一致で酸化亜鉛あを検索した結果

chemSHERPA, 化学物質情報伝達

データ入力の9回目です。前回は部品coreの材質まで入力しました。

部品coreの材質情報入力結果

必須入力項目はもうないので、これで終わりでいいのかと言えばそうではありません。部品coreに含まれる物質の中にchemSHE ...

chemSHERPA, 化学物質情報伝達

データ入力8回目です。前回まで準備したデータに基づいてトランスのデータを入れていきましょう。

まず最初に、データを作ろうとしているトランスは、7つの部品で構成されており、階層構造を取る必要はありません。
従って最初 ...

chemSHERPA, 化学物質情報伝達

データ入力7回目です。 chemSHERPA-AIのデータ入力(5)、chemSHERPA-AIのデータ入力(6)を参考に、トランスの成分情報を表示しましょう。

次に chemSHERPA-AIのデータ入力(4)に示したト ...

chemSHERPA, 化学物質情報伝達

データ入力6回目です。今回からいよいよchemSHERPA-AIのデータ入力(4)で紹介したトランスの成分情報の入力を始めたいところですが、その前に事前準備をしておきましょう。実際の成分情報入力は、次回か次々回に始まることになりそうで ...

chemSHERPA, 化学物質情報伝達

データ入力の5回目は、一時保存の方法を説明します。
前回、基本情報画面の必須項目を入力しました。

基本情報画面入力結果

今は、ここでいったん操作を辞めようとした時に、ここまでの入力結果を保存しておく操作が、一時保存で ...