RoHSの用途適用除外評価(Pack24)について

今年の1月にOko InstitutのRoHSの評価のページに新たな用途適用除外の評価に関するプロジェクト(Pack24)が発表されました。

いろいろなところからの情報で、当ブログの読者の方はご存じの方もが多いでしょう。Packについては、当ブログ割と遅いですからね。

2021年の3月末までには、利害関係者の協議を開始できるように計画していると書いてあります。また、詳細は別の説明文書を見てねということでリンクが貼られています。

Pack24は、どの適用除外の評価をするのか

今回の用途適用除外のプロジェクト(Pack24)によって検討される延長は、ANNEX IIIの18(b), 18(b)-I, 24, 29, 32と34、ANNEXIVの34の7項目となっています。

ではそれぞれ見ていきましょう。まずは、ANEX IIIからです。

例によって管理人の知識の範囲で和訳しているので、間違っていることもあるかもしれません。正確には原文を参照してくださいね。

18(b)

BSP (BaSi2O5:Pb)のような蛍光体を含む日焼け用ランプとして使用される放電ランプ中の蛍光粉末(鉛が1wt%以下)の活性剤としての鉛。

18(b)-I

医療光線療法装置に使用される BSP (BaSi2O5:Pb)のような蛍光体を含む放電ランプの蛍光粉末(鉛が1wt%以下)の活性剤としての鉛。

24

円盤状および平面配列セラミック多層コンデンサに機械加工されたスルーホール(貫通穴)へのはんだ付け用のはんだ中の鉛

29

指令69/493/EECの附属書Ⅰ(カテゴリー1、2、3、4)に定義されているクリスタルガラス中の鉛

32

アルゴン・クリプトンレーザー管のウィンドウ組立て部品の製造に使用されるシールフリット中の酸化鉛

34

サーメット型トリマーポテンショメーター構成部品に含まれる鉛

続いてANNEX IVのほうです。

34

BSP(BaSi2O5:Pb)蛍光体を含む体外循環光療法用のランプに使用される放電ランプの蛍光粉末中の活性剤としての鉛

いやー、細かすぎて訳が分かりません。多分その分野の専門の方でないと何を言っているのかわからない適用除外が多いですね。適用除外の番号が大きくなるにつれ、そのような傾向があると管理人は思っています。

スケジュールはどうなっているのか

Pack24は、今後のスケジュールはどうなっているのでしょう。Project Descriptionによれば、Oeko-Institutがプロジェクトに任命されたのが2020年12月17日で期間は10か月となっていて、2021年10月16日までです。5月末までには欧州委員会に中間報告を行い、最終報告書は、プロジェクトの最終日までに出されることになっています。

また上にも書きましたが、利害関係者の協議は、2021年3月末までに開始される予定と書かれています。

実際には、この報告書を受けて欧州委員会が指令の文書を書き換えて、諸手続きを踏んだ後、官報が発行されることになります。