REACH第23次SVHC候補物質

欧州化学品庁(ECHA)は、2020年3月3日に第23次SVHC(Candidate List)候補5物質を公表

欧州化学品庁(ECHA)は、2020年3月3日に第23次SVHC(Candidate List)候補5物質を公表しました。この情報は、いくつかのサイトに既に掲載されています。
例えばchemSHERPAのページには、「REACH第23次SVHC候補物質に対するchemSHERPA管理対象物質リストへの掲載情報」としてありますし、以前紹介した、化学物質と法規制研究所さんのページでも見ることができます。

一応、物質名とCAS番号( CAS番号 という表現はすでに正式名称ではないと聞きましたが、便宜上)を載せておきます。
1. 1-vinylimidazole 1072-63-5
2. 2-methylimidazole 693-98-1
3. Butyl 4-hydroxybenzoate 94-26-8
4. Dibutylbis(pentane-2,4-dionato-O,O’)tin 22673-19-4
5. Resorcinol 108-46-3
掲載理由とか何に使われているかなどは、上に紹介したサイトをご覧ください。

今回の5物質は、まだSVHCではない

今回発表されたのは、第23次SVHC(Candidate List)候補5物質であって、 まだSVHC (Candidate List)ではありません。現在は、パブリックコンサルテーションの時期です。それが終了すると、実際に第23次SVHC(Candidate List) に収載されるものが、今年の7月半ばあたりに公開されると思います。
ですが、この SVHC(Candidate List)候補物質が出ると、もうサプライチェーンで調査を始めてしまう会社もあるようです。
いやまだ決まってもないだろうと突っ込みたくなるのですが、実際には SVHC(Candidate List)になることが非常に多いので、顧客に答えるかどうかは別にして自社の製品との関連を調べ始めるのは悪くないかもしれません。
だからといって、調達先に調査を始めると迷惑がられるのがおちだとは思います。
REACH規則上では、認可物質という附属書14で決められている認可を取らないと使用できない化学物質があるのですが、 SVHC(Candidate List) は、所定の手続きを経ると認可物質になるので、認可候補物質と言われます。
で、今回発表されたのは認可候補物質(SVHC(Candidate List))の候補物質なわけです。ややこしいですね。

認可候補物質(SVHC)の調査はどうしたらいいの?

上記の様に、認可候補物質(SVHC)の候補物質が発表されたりするわけで、認可候補物質(SVHC)の調査はどうしたらいいのか迷われる方も多いと思います。半年に1度加えられていきますし。このあたりの考え方は、割とすぐに別記事で書く予定にしています。