chemSHERPA

chemSHERPA-AI Ver.2.00においての見た目の変化と項目の変化は、以前に解説しました。(その2)、(その3)、(その6)、(その7)あたり。
このchemSHERPA Ver.2.00 最速(じゃない)レビュー ...

化学物質の情報入手

化学物質の情報入手に有用なサイト(その2)は、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)です。単に、日本語はとても面倒なのでNITEのほうがよく知られている気がします。

NITEは、評価技術やリスク低減などで国の産業発展と安全 ...

化学物質情報伝達

今回は、以前の投稿「化学物質の情報入手に有用なサイト(その1:職場のあんぜんサイト 厚生労働省)」で書かなきゃなあと言っていたGHSとSDSのお話です。実は、これらは化学物質管理のすごく基本的な事柄なのですが、管理人はそちらのプロでは ...

化学物質規制

化学物質の規制情報のサイトの第3回目は、欧州化学品庁(ECHA)です。

欧州化学品庁(ECHA)は、法規制だけでなく化学物質の情報入手先でもある

欧州化学品庁(ECHA)は、欧州化学物質庁や欧州化学機関とも呼ばれますが、英語 ...

化学物質情報伝達

PFOA関係の記事には未だにアクセスが多め

過去に2回、PFOAとその塩および関連物質についてという記事を投稿したのですが(1回目、2回目)、未だに比較的多くのアクセスがあります。
なぜ問題にというか調査が行われているのかの理由 ...

chemSHERPA

前回、Ver2.00になって 実際の変化したところの解説をすると書きましたが、今までの解説で、見た目の変化点はほとんど終わってしまっています。しかし、今までの説明は、全てchemSHERPA-AIに関してでした。今回は、chemSHE ...

化学物質の情報入手

今回から第2回目のアンケート結果で「化学物質の規制情報のサイトの解説」とともに多かった「 化学物質の情報入手に有用なサイトの解説 」について少しずつ書いていきたいと思います。
こちらは、「化学物質の規制情報のサイトの解説」より ...

化学物質規制

化学物質の規制情報のサイトの第2回目は、EUR-Lexです。

EUの規制や判例のデータベース EUR-Lex

EUR-Lexは、欧州連合(EU)の規則、指令などの条文や判例などを欧州の各国言語(最大24言語)で収納しているデ ...

その他

化学物質管理の話は、少し易しいがまあ許せるレベルを目指しています

化学物質管理の話(当ブログ)は、アンケートご協力のお願い(その2)の際にも書きましたが、少し易しいがまあ許せるレベルを目指しています。
といのも、当ブログのここ1 ...

chemSHERPA

chemSHERPA Ver.2.00 最速(じゃない)レビュー(その7)です。今回は、成分情報画面と遵法判断情報画面の上部にあるファイルタブの説明です。

chemSHERPA-AI Ver.2.00の遵法判断情報画面のファイル ...