chemSHERPA,化学物質情報伝達

データ入力の9回目です。前回は部品coreの材質まで入力しました。

部品coreの材質情報入力結果

必須入力項目はもうないので、これで終わりでいいのかと言えばそうではありません。部品coreに含まれる物質の中にchemSHE ...

その他

今回は、ちょっと宣伝です。
管理人は、一般社団法人産業環境管理協会(JEMAI)と技術顧問契約をしています。それで、契約として製品化学物質管理のセミナー講師をやっております(それだけじゃないけど)。

2018年度、 ...

chemSHERPA,化学物質情報伝達

データ入力8回目です。前回まで準備したデータに基づいてトランスのデータを入れていきましょう。

まず最初に、データを作ろうとしているトランスは、7つの部品で構成されており、階層構造を取る必要はありません。
従って最初 ...

RoHS

産業環境管理協会(JEMAI)の 国際化学物質管理支援センターから件名の情報が入ってきました。メールの内容を引用します。

ここから

情報性の高い内容について、本メルマガで速報をお知らせします。
2019 ...

chemSHERPA,化学物質情報伝達

データ入力7回目です。 chemSHERPA-AIのデータ入力(5)、chemSHERPA-AIのデータ入力(6)を参考に、トランスの成分情報を表示しましょう。

次に chemSHERPA-AIのデータ入力(4)に示したト ...

chemSHERPA,化学物質情報伝達

データ入力6回目です。今回からいよいよchemSHERPA-AIのデータ入力(4)で紹介したトランスの成分情報の入力を始めたいところですが、その前に事前準備をしておきましょう。実際の成分情報入力は、次回か次々回に始まることになりそうで ...

chemSHERPA,化学物質情報伝達

データ入力の5回目は、一時保存の方法を説明します。
前回、基本情報画面の必須項目を入力しました。

基本情報画面入力結果

今は、ここでいったん操作を辞めようとした時に、ここまでの入力結果を保存しておく操作が、一時保存で ...

chemSHERPA,化学物質情報伝達

データ入力の4回目で、今回から基本情報画面の入力を行います。前回、発行者情報を入れた結果がが下図です。

発行者情報法の入力結果

今回、データ入力の例として使うのは、当ブログのchemSHERPA-AIのデータ入力(1)で準備 ...

chemSHERPA,化学物質情報伝達

データ入力の3回目で、前回の続きです。発行者情報の入力画面に必要な項目を入力しましょう。

赤いアスタリスク*の付いている項目は、入力必須項目です。英語と日本語を書くところがありますが、英語の乱のみ必須で日本語のところの入力 ...

chemSHERPA,化学物質情報伝達

今回から、いよいよ実際のデータ入力法に入っていきましょう。まずは、導入したchemSHERPA-AIを立ち上げて、次の画面を出してください。

chemSHERPA-AIを立ち上げところ

今回は、自分の会社の中であらかじめ製品 ...